初音ミク画集

巡音ルカとは?

巡音ルカ巡音ルカは、初音ミクや鏡音リン・レンのデビューから2年が経過した後、レコード会社から新たにアーティスをデビューさせるうえで、今までとは少し違ったコンセプトでプロデュースをしたいということで、当時インディーズロックバンドをやっていた巡音ルカを起用したのが始まりである。

今までのボーカロイドのコンセプトとは異なり、今までは年齢が少年少女から選ばれていたが、20歳以上の大人をデビューさせるという戦略でをレコード会社はとった。

その結果、巡音ルカはデビュー当初はアンチファンも多く存在したが、レコード会社の狙い通り今までのボーカロイドとは一味違ったテイストがお客にうけてプロデュースは成功した。

巡音ルカはインディーズ時代にすーぱーそに子とは音楽学校では同期だったが、当時のすーぱーそに子はとにかく目立たない存在で巡音ルカ自身もすーぱーそに子のことは特に気にしていなかった。

巡音ルカ自身の外見には、髪の色がピンクの長い髪で巨乳という大人っぽい奇抜な特徴がある。

また、目つきが悪く、歌うときの声の特徴はハスキーでムーディーな声質であり、その声でお客をにらみつけるように歌うところがディープなファンに定評がある。

また、肌の色が白いことから、巡音ルカ本人は不健康ではないのかという指摘がレコード会社に寄せられているが、実際には仕事での酷使が原因ではなく巡音ルカ自身の生活面に面台があると言われいる。


Page up▲
スポンサードリンク


リンク