初音ミク画集

鏡音リンとは?

鏡音リン鏡音リンとは、歌姫初音ミクのデビューの後に便乗してデビューした音楽アーティストである。
初音ミクのプロデュースに成功したレコード会社によって急遽デビューさせられた鏡音リンは年齢が14歳であるにもかかわらず、初音ミク同様にメジャーデビューを果たした。


鏡音リンには、双子の弟に鏡音レンという男の子がいて同じような容姿をしている。
弟の鏡音レンも鏡音リンと同様に音楽業界にメジャーデビューしており、よく一緒に音楽の仕事をすることがある。


鏡音リンの特徴は短いズボンと頭に装着している大きなリボンである。
さらに、紙の色が金髪で目の色が碧眼であることから、東洋人ではないことが容易に分かるが、顔の特徴は東洋人のようであることから、これらの特徴は染髪とカラーコンタクトによるものではないのかという情報がフラデーというゴシップ誌を中心にささやかれていた。

先にデビューした初音ミクと比較すると音楽業界では初音ミクのほうが立場は上であるが、本人の初音ミクへの対応は同等かそれ以下と見なしている。

体重は43kgと標準的で健康上の問題は無いが、身長が高い初音ミクよりも1kg重いことに関して鏡音リン本人は初音ミクの体系に嫉妬している。

性格は意外と粗暴なところがあり、ファンの前ではそのことについてあまり触れないが、音楽業界のスタッフの間では少し気を使う問題である。


Page up▲
スポンサードリンク


リンク