初音ミク画集

鏡音レンとは?

鏡音レン鏡音レンは歌姫初音ミクのデビュー後に鏡音リンという双子の姉と一緒に急遽初音ミクの人気に便乗しレコード会社からデビューさせられた双子の弟のほうである。

鏡音レンの外見的な特徴で鏡音リン似よく似ているが、穿いているズボンの丈が鏡音リンよりも長く、大きな白いリボンは装着していないというところが特徴として挙げられる。

鏡音レンは業界では無垢な少年のイメージだが、初音ミクと比べ歌唱力が高いと評価されている。

また、仕事の関係では粗暴な性格の双子の姉の鏡音リンと違い礼儀正しさがあり好感が持てる少年であるが、そのせいで苦労が耐えないポジションにいる。

鏡音レン自身の仕事は忙しく、食事はすばやく食べられるバナナが好きで、バナナの産地であるフィリピンが農薬付けのバナナを輸出する事実に対しては怒りをあらわにした。


鏡音レンは主に女性に人気で、なぜかスクール水着を来た格好が非常に非常に定評がある。

ライブでのプロモーションではロードローラーという工業用重機を運転し、鏡音レンとともに登場したことが話題を呼んでいる。


Page up▲
スポンサードリンク


リンク