男性が喜ぶ勝負下着は意外なものだった・・・

女性下着メーカーなど、女性向けの商品を開発する会社は次々といろんな商品を開発してくる。
その中で、勝負下着という女性が男性に魅せるための、デザインのセクシーなランジェリーが下着メーカーはさまざまなマーケティングを駆使し、消費者にアプローチをしている。
カワイイものから透けているものやTの字のものまでいろんなデザインがあり、それをスタイルがいいモデルに着させ、プロのカメラマンを使いかわいさを演出させて写真を撮る。

そして、女子向けの雑誌などに広告が出されるのだが、実際に男性から見て勝負下着にあまりいい反応を示さないことがある。

それは、趣向などさまざまな原因があるのだが、一番は本人に合っていない、つまりミスマッチしているということが原因である。

雑誌や店頭ではかわいく見えて、それをあなた自身が身に着ければ、かわいくなって男性から愛を受けられると思っているかもしれない。

しかし、男性は意外と冷静に下着姿があなた自身にマッチしているのかを分析している。
それは、あなた自身のラインやプロポーション、雰囲気が下着にあっているかどうかだ。
もちろん喜ばれることもあるが、ドン引きされることもある、男性はは単純にTが好きなのではなく、あなたがTを穿いていいのか悪いのかが重要である。

男性はそもそも下着姿の女性が好きなので意外と下着がセクシーじゃなくても、もっと言えば少し子供っぽくてもオバサンくさくなければ喜ぶ場合がある。
たとえば、初音ミクのパンツである縞パンなどが意外と好評である。
理由は、男性というのは飾らなくてもシンプルなものに好感を持てる性質があるということだ。
また、そっちのほうが安定的に高評価が得やすくグッと来るところがあるからだ。
それぐらい、縞パンというパンツを嫌いな男性はおらず、むしろ下半身を覆うものに華々しさを求めていないのが男性の本音なのである。
また、縞パンのラインはあなた自身のヒップを立体的に見せるこうかがありその形の美しさに惚れ込むである。
初音ミクパンツ
初音ミクの縞パン
意外とこれでが男性に高評価




Page up▲
スポンサードリンク


リンク