フィギュア

初音ミクフィギュア買取について


初音ミクのフィギュアは、他のキャラクターと違い商品寿命が長いので買い取り価格も安定している。

例えば、涼宮ハルヒフィギュアは2006年現在ではものすごい人気を誇っていたが、今現在のフィギュアの相場価格は当時よりかなり下回っているといえる。

これは、ライトノベルなどの原作がある上で成り立っているキャラクターの宿命と言わざるを得ない現象であり、ストーリがある以上物語は完結し、キャラクターの人気も完結する

つまり、このことから言えるのは、物語は完結せず設定が、あたらな設定や派生したシナリオを生む永遠性の基づいたキャラクターで無い限りキャラクターの人気に寿命がきてしまう。

しかし、初音ミクは、ストーリ設定が完結しない永遠性を含んでおり、キャラクターの人気が劣り商品価値が下がるということがないのである。


もちろん、時間の経過によってそのキャラクターの姿はモデルチェンジするが、その本質は変わることなく永遠に行き続ける


ということで、初音ミクのフィギュアは買い取り価格があまり下落することが無い。

フィギュアの買取の依頼にはネットオフという業者を利用すればいい。



詳細はコチラ

初音ミクフィギュア買取

初音ミクの派生キャラクターとは?

初音ミクなどのVOCALOIDの公式キャラクターより派生した変異キャラクター(VOCALOID亜種とも言う)のことです。
はちゅねミク、亞北ネル、弱音ハク、咲音メイコ、たこルカ、シテヤンヨ、リンの幼虫、骸音シーエ、鋼音ミク、などが亜種の対象として存在しています。

重音テトなどのいわゆる釣りボカロ出身キャラは亜種として対象外ですが、派生することは禁止でもありません。

また、派生元のVOCALOIDキャラクターの権利者に公に認められていなくても、自分が派生キャラだと主張できるならそれは派生キャラといえます。


Page up▲
スポンサードリンク


リンク