初音ミクの出現は予言されていた

北海道といえば、日本の一番北に位置する地域で、冬は大雪が降り、環境がほかの県と比べて厳しいため、日本の地域の中は比較的経済があまり活発ではない。
リーマンショック後の回復のとき、コカコーラジャパンの各地域の株価は回復傾向にあったが、北海道のコカコーラジャパンだけはなかなか値を戻さず回復しなかったり、夕張市の財政破綻など経済基盤の弱さが目立ち地域であるのだが、そんな地域の中小企業で初音ミクは生まれた。
製造会社はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社という北海道の会社なのだが、その誕生は20年前にオカルト番組であるEXテレビという番組で予言されていた。

予言の内容は当時の人間では理解が不能であったが、その予言はみごと的中している。
予言によると、日本の歌が世界で聞かれるようになり音楽業界の流れを変えるといわれていた。
それは、16歳の姿をした少女によってであるということだ。
さらに、髪と服が青色で、最初は声だけで後々姿を現すといわれ、最初は北海道から東京、そして世界へと彼女の存在が広まるといわれていた。
もちろん初音ミクのことで、当時の日本人には理解できない内容だったが、現代では確かに予言通り存在している。




Page up▲
スポンサードリンク


リンク