初音ミク画集

初音ミクの画集「HATUNEMIKUMIKU」がブックオフで8000円で販売されていた件

今の日本の世の中では、物よりも萌えに関する情報自体に価値があるようだ。
その証拠に、初音ミクの画集「HATUNEMIKUMIKU」が定価で4500円であるにもかかわらず、8000円で販売していた。
最近のブックオフでは定価一万円以上の日本画の画集が100円で販売しているにもかかわらず売れ残り、漫画なども単行本は定価500円で販売価格350円なのにかなりの回転率で売れている。

また、日本画や油絵などの画集よりも、CGで制作された女の子の萌え画集のほうが人気があり市場が大きい。

そして、萌え画集である初音ミクの「HATUNEMIKUMKU」に至っては販売価格以上の値段でるにもかかわらず売れているから驚きである。

そもそも、初音ミクの画集「HATUNEMIKUMIKU」とは?

「HATUNEMIKUMIKU」とは世界の歌姫初音ミクのCG画像集のことである。
この「HATUNEMIKUMIKU」には、初音ミクのグラビアやプライベートなどの画像も収められており、非常に初音ミクファンにとっては貴重な一冊である。

また、表紙のデザインが非常に洗練されていて、最後のページにはオリジナル楽曲の楽譜も書かれている。
発行部数は10万部だったが、日本以外に海外もほしいという人が大多数存在し、発行部数以上の需要があり現在では販売価格以上の値段がついている。


Page up▲
スポンサードリンク


リンク